お知らせ交通アクセス 


御祭神・御由緒
第十一代 垂仁天皇八年(約2千年前)正月始めて神山の麓にお祀りされた。今ここを山宮神社と称して摂社となっている。第五十六代 清和天皇の貞観7年富士山大噴火の翌年(865年)12月9日、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を現在地にお遷ししてお祀りされている。甲斐国一宮であって延喜の制に於ける明神大社である。明治4年5月14日国幣中社に列格。

御祭神 木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)は富士の神である。
本 殿 入母屋向拝造銅板葺
拝 殿 入母屋唐破風向拝造銅板葺
境 内 3,395坪(1ヘクタール余)


御神徳
御祭神、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)は、大山祇神の御女でまた御名を吾田鹿葦津姫命(あだかあしつひめのみこと)又、桜大刀自命(さくらおおとじのみこと)と申し上げる。天孫瓊々杵命の妃として皇室の始祖大御母と仰ぎ奉る大神である。
大神は、木の花(桜花)の咲き映ゆる如く艶麗優美の御容姿でしかも考順、謙譲の美徳をもって天孫にお仕えして貞節、至純、国土経営に尽くされた内助の功も極めて大きく、今日の日本の基礎を築かれたご功徳は永く日本女性の規範と仰がれている。
古来山火鎮護、農業、酒造の守護神、又婚姻、子授安産の霊徳神として崇敬をあつめている。


随神さん

神楽殿


甲斐国一宮 浅間神社
〒405-0056 笛吹市一宮町一ノ宮1684 お問い合わせ:Tel.0553-47-0900
All Rights Reserved, Copyright (C) Yamanashi ichimiya asama-jinjya